グローバルな視点によるブランドコミュニケーションデザイン

ブランドは受け手側のイメージであり、本来企業あるいは個人が定義するものではありません。一方、ブランディングは、企業/個人がそのイメージを自身の思う理想に近づけようと努力する行為。グローバル化によって受け手の範囲が広がる中、受け手側の心理、多様な文化背景の理解なしにはこれからの時代のブランディングの成功はあり得ないと言えるでしょう。

こうした中、アローグラフは2011年4月にソニーのデザイン部門で20年以上の実績を誇る坂本学によって創設されました。規模こそまだ小さいデザイン会社ですが、日本、アメリカにおける豊富な経験と国際ネットワークを活かし、クライアント皆様の真のグローバルブランドコミュニケーション戦略の構築をサポートし、良質なデザインを通してその顕在化に寄与します。

Brand Communication Design with Global Perspective

Brand is not something that a company or an individual can define, but it's rather a perception by its receiver. Branding is, on the other hand, an effort by a company or an individual to make that perception close to what they would like to cast. As the range of audience expands in true globalization, branding can never be successful without understanding who they really are, their behavioral and cultural background.

ARROWGRAPH was founded in this context in April 2011 by Manabu (Nabu) Sakamoto, who was with Sony's Design department for over 20 years. It's still a small design firm, but with rich experiences in the US and Japan together with international network, we would be of your help to build truly global brand communication strategy and materialize it through fine design.

Nabu Sakamoto Portrait Here

May 2011

Signature Here

President & Creative Director
Manabu Sakamoto